2016年11月20日

次期アメリカ大統領が決まる -「リベラル」な人々のおぞましさ


次期アメリカ大統領が、D.J.Trump氏に決まりました。
この事実を受けて、地味に語ります。

この数日、日本の内外のメディアの発する情報のいくつかに接していますが、円猿的にもっともあわれに思えたのは、日本の人々です。それも、自分で自分を「リベラル」だと信じ込んでいる人々のあわれさでした。

定義まではとりあげませんが、そもそも「リベラル」というのは、多様な人々の意見や生き方を認める立場を自任するということではないでしょうか。まちがっても、自分が加担しようとする気満々の「社会的弱者」「マイノリティー」 の生き方を認め、その他の人々の意見や生き方を無視することは、リベラルでも何でもないはずです。

実際は、一般的に「社会的弱者」「マイノリティー」の支持を取り付け、弱いものたちの味方になって世論の誘導者に成り上がったという自意識を持っている人々が、「リベラル」を自称するから、そうなっているだけなのです。 逆の見方をすれば、「リベラル」を自称する人々は、自分の営業のために、しつこく「リベラル」を自称しながら、もっぱら「社会的弱者」「マイノリティー」の味方の論陣を張っているだけの偏向しきった人々、分かりやすい馬鹿だということです。彼らほど、日本の世論を形成する多種多様な要素を無視し切り、簡単に切り捨てることができると信じきっている愚かな人々もいません。要するに、もともと偏狭な人々が「リベラル」を志向して、自分の勝手に思いえがく「リベラル」になっているわけですから、どこまでも自分で自分の首をしめつつ、偏狭さ加減を露呈すればいいだけのことなのです。分かりやすい話です。

それにしても、日本のマスメディアに登場する自称リベラルの人々は、まったくD.J.Trump氏を支持したアメリカの人々の世論を受け入れることができませんでした。アメリカの人々を、情念にふりまわされた愚民だとみなす。勝手に、アメリカの危険な傾向だなどと断じて、真摯に調査研究することをさぼる。 」

挙句の果ては、この選挙結果に

「発狂しそうになる」などと感情一色

の反応を示す輩までいました。

単なる一外国の首長選挙に発狂

できるような偏狭な輩ならば、 

どこまでも「リベラルではない」 

と断じましょう。一人で発狂すれば

いいのです。


彼らは不寛容の典型であり、まった

く「リベラル」ではないのです。


選挙結果に不満な人々による暴動を

民主主義であるかのように支持する

者すらいました。これなどは、野蛮そ

のものと言うべきでしょう。


労働者の暴力で革命を起こすべきだ

という主張を振りまいた最も高齢の

共産党員ですら、いまどきそんな野蛮

な立場をとらないでしょう。


ぜんぜんリベラルではない日本のみじめな人々にとりあうのは、もうやめましょう。その値打ちすらない人々ですから。


ところで、D.J.Trump氏が大統領になったことで、日本の何がどう変わるのでしょうか。円猿はアメリカにそれほど大きな関心を持っていませんし、予言者ぶるつもりもまったくありませんが、戦後民主主義の申し子である「自民党」が政権を維持している限り、さしたる変化はないと見る立場です。

確かにトランプ氏の大統領選挙中の発言の中には、相当、日本の安全保障や外交に関係するものがありました。でも、この人物はあくまでも政治素人ですから、高度な意思決定と緻密なプロセスを必要とする案件については、党ベースで有能な人に任せることでしょう。アメリカの内外に対して、政府の連続性をアピールすること自体が、当面の事案になるはずです。


posted by 警鐘凡打 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | かたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444160441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック