2014年09月09日

毎日新聞は南朝鮮大使の訪問を特別扱いする偏向メディア

毎日新聞という新聞の不可思議な動向を確認したので、転載して批判することにします。

毎日新聞は、一応ほぼ日本全国に販売網を持つ、通常「全国紙」と呼ばれる新聞です。なぜ、日本語で日本国民を対象とし日本全国向けに配信するメディアが、たったの1カ国の大使のみと握手した写真を載せたり、まだ一単位も仕事をしていない、その国の「大使」の話を聞いて記事をつくったりすることができるのか、全く理解に苦しみます。

いったいぜんたい、世界のどこの新聞が、世界各国からあまたの大使が日本にやってきて着任しているのに、たったの1カ国の大使だけを特別扱いして、社長がでしゃばってきて写真をとったり、まだろくに仕事をやっていない「大使」に好きに意見を言わせるでしょうか。公正な視点を欠いていますね。世界の諸国民とその代表者を公正に対等に扱うべきです。とりわけ、毎日新聞の社長と握手しているこの人物が、未だろくに仕事をやっていない点に注意しましょう。実績はゼロなのです。要するに、彼が口先だけで何を言おうが論評に値しないのです。そういう論評に値しないものを、なぜ、新聞が紹介してやる必要があるんでしょうか。

確かな「行為」によって、日本国民、日本政府との関係改善のために具体的な努力を示し、それを評価可能になった時点で、言いたいことを言わせるべきでしょう。暴力だけを背景に文字通り侵略している竹島についても、日本国民に対して説得的な説明をすべきである。そもそも、その程度の言論を展開できないならば、それは、自分たちの野蛮な暴力をただ単に肯定し、日本国民に対して、不当に自国の立場を一方的に押しつけようとする「代理人」だと言われても仕方ないでしょう。日本の被災地を公人として訪問するのは勝手であり、別に評価に値しないでしょう。むしろ、公人ではなく何の役職もない一外国人として、そういう訪問をするならば評価できるかもしれない。だが、この人物は、南朝鮮の利害を代表する人物です。竹島について何らの説明もしない、できない。南朝鮮の戦時売春婦をかついだ捏造と現代日本国民に対する差別の釈明もしない、できない。そのくせ、日本の被災地を訪問して日本国民の機嫌を取ろうとし、自分に善意があるかのように偽装する。そのやり方は、全く卑劣としか言いようがないですね。

GHQのscapin-33 にいまだにしたがい、主権者としての日本国民を尊重することをしない。日本の国土を尊重するという紙面がつくれない。GHQのプレスコードそのままに、いまだにシナと朝鮮を特別扱いしようとしているマスゴミは、日本にほとんど不要といっていいでしょう。少なくとも現代のメディアならば、政治と報道を切り離してもらいたいものです。日本政府の批判をするだけでなく、同じ「政府」なんですから、シナや南北朝鮮の「政府」も徹底的に批判すべきでしょう。日本国民=主権者の視点を基礎とし、さまざまな事実に精通した上で、自国の「政府」も諸外国の「政府」も批判する。いやしくも新聞ならば、当然、そういう使命があるのではないでしょうか。権力そのものである特定の一外国の「大使」に、しかも仕事をやっていない段階でPRさせるなどということは、まともなメディアのすることではありません。


<柳駐日韓国大使>「関係改善に努力」 本社社長と会見 

毎日新聞 9月9日(火)20時16分配信

  8月に着任した韓国の柳興洙(ユ・フンス)駐日大使が9日、毎日新聞東京本社を訪問し、朝比奈豊社長らと会見した。柳大使は現在の厳しい日韓関係を念頭 に「難しい時期に着任することになり、重い責任を感じている。日韓関係が今よりも良くなるよう一生懸命努力したい」と抱負を述べた。

 さらに、柳大使は関係改善に向けたメディアの役割の重要性にも言及しながら「問題はいつの時代にもあるものだ。それを乗り越えていかなければならない」と強調した。

 警察官僚出身の柳大使は、2004年まで国会議員を計4期務め、韓日議員連盟幹事長などを歴任。8月31日の初の地方視察では、広島土砂災害の避難所を訪ね、被災者を慰労した。【米村耕一】





posted by 警鐘凡打 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405148200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック