2013年12月27日

辺野古移転に反対する奇抜な人々

気味の悪い報道写真を見ましたので、ご報告いたします。

辺野古(へのこ)という沖縄の町が、普天間の米軍基地の移転先候補地になっています。その辺野古の沿岸部の埋め立てをする案を政府は推進しており、平成25年12月26日には、首相と沖縄県知事が合意しました。沖縄県知事は、3500億円の政府から県への一括交付金などを勘案して、地元の首長として承認=決裁したということです。これは、そのことに反対する人々の写真です。 こんな紙をもって、「なだれこんだ」 らしい。恥知らずもいいところです。

1331227_henok3.png
「屈しない」「不承認」 などと書いてありますが、赤の地に黄色の文字。一般的に想起されるのは、これでしょう
 

                        
chinahata.jpg


彼らは、明らかに自分の掲げる紙が、シナの共産党の報道局に動画や静止画として撮影され、シナ国内で報道されることを意識しているのです。あるいは本人は無意識であっても、その紙を制作している人間の脳内においては、間違いなくそのような判断がなされているでしょう。最悪としか言いようがないですね。 この赤字に黄色文字で、日本で抗議がなされているというニュースを見るシナの地元の共産党の関係者や一般のシナ人は、「日本の政府の転覆活動をする、シナ共産党のシンパが日本にも大量に存在して活動しているのだな... 」と勘違いするでしょう。当然です。 そういう明らかな印象操作を伴うカラーリングですから。
探してみたら、ほかにも同じカラーリングで抗議のふりをしている人々の掲げる紙がありました。

news2089151_6.jpg

円猿の考えでは、一般の日本国民で、「色」について価値判断ができる人ならば、この紙を渡された時点で、おかしいと考えて、「この紙では自分は抗議しません!」と主張するでしょう。 いい加減、

政治運動=外国の政府を援護するための

日本政府に反対する活動 というのを、

もう完全にやめる時期でしょう。
 


日本政府の推進する事柄の中で、国土の保全と国民の保護を目的としたよい内容を備えた事柄には協力していいはずだし、賛成・反対あるときは、知恵を出して具体的に論じるべきでしょう。外国の政府の手先になって、反対しようというときだけ、大人数で出てきて、日本政府に反対するというのは、卑怯なやり方だし、まともな日本国民は誰もそういうやり方を支持しませんよ。こういうのは、「市民の声」だの、「政治運動」だのと表現して、政治運動として認知する必要はないでしょう。

日本の国民にとって大切なことを議論する、そういう姿勢を共有できるなら、こういう反対のための反対などしないはず。わざといじけたように見せかけ、自分の知的な能力を用いて公的な議論に参加せず、狭い価値観の中で群れて議論を棄てた上で、外国政府や日本共産党などの偏向した団体に操作される。もろにそういうことでしょう。この21世紀には、あまりにも遅れた人々ですよ。


政治運動とは、慎重に外国の政府や、

日本国民に損失を与えようとする人々の

意図を避けたうえで、日本国民のためを

思い、日本をよくしていくために誠意から

行う集団活動



であるべきですよ。とっくに冷戦も終わっているし、シナの共産党は、まったく自分たちにその価値もないのに、周辺の海域や隣接国の領土を一方的に奪い取ろうとしているだけでしょう。シナは、自分の国内の不満や不都合を、外国に対する圧力、外国領土の力による奪い取りで解消しようとするのはやめるべきです。 それこそ、日中平和友好条約の精神にまっこうから反対しているし、21世紀の世界秩序に著しく反対しているのです。そういう下等な外国の政府の意図を代弁して、外患誘致をするのはやめるべきでしょう。

それから、米軍は追い出しても、同じ軍事力と抑止力を十分に実現可能な、日本の軍隊は置かれることになるし、それは必要だということですよ。非武装だの
くだらない幻想に生きるのはやめるべきです。1990年代まで米ソが対立していて、アメリカの核の傘下にあったから、たまたま日本は守られていたにすぎないのです。

日本の国土は冷戦と核の抑止力によって

守られていたにすぎないのです。
 

非武装中立を実現しろ! 自衛隊は憲法違反だ! 

などと主張していた一部の限られた国民によって

守られていたわけではありません。

ましてや、軍隊や軍事力を放棄することによって

守られてきたわけではない。

自明すぎるほど自明なことです。



現に日本が軍事的に戦後弱体化することによって、日本の近隣の周辺国はどんどん好きなように軍事力を強化しているのです。北朝鮮は核兵器を開発して所有しているでしょう。もっとも悪質なのが、冒頭の赤と黄色の紙を持っている人々がぜんぜん批判しないシナですよ。まさに共産党のシナが、この20年、国内の不満を解消するために、好き勝手軍事力を増強して、周辺国に嫌がらせばかりしている。

周辺国の軍事力強化を加速させる、

加速させてきた平和とは何でしょうか?

よくよく国民の間で議論し考えるべきテーマでしょう。とにかく、日本のわれわれが「平和」を基調として、軍事力を最小限しか増強していないことが、他の周辺国に加速度的に軍事力を増強させる結果を生んできたのです。これは事実ですから。そんな「平和」とはいったいなんでしょうか。平和と呼べるのでしょうか。 「平和」は定義しなおす必要のある時期でしょう。

抑止力としての軍隊、国土を離島や領空・領海

を含めてがっちり守る軍隊が存在し、それが

強固に訓練されてはじめて、日本の平和が実現

するんです。 軍隊をなくして平和が実現するの

ならば、21世紀の今、多くの国は軍隊をどんどん

廃止して、軍隊なしの国になっているはず。

そんな国は、世界に一つも存在しません。 


世界には中立国というのもありますが、「完全武装」の中立国だけが存在しているのです。その例はスイスです。

posted by 警鐘凡打 at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みんな!反日に騙されるな!!!
辺野古区民は全員移設賛成だ!!

辺野古区民の真実の声を全国に広げる
http://www.youtube.com/watch?v=NBPxooQTY-g

【チーム沖縄】辺野古の漁師さんに聞いてみた
http://www.youtube.com/watch?v=omcciwCiUfo

【速報】史上初 沖繩辺野古テントに抗議@
http://www.youtube.com/watch?v=7n3Y0MerrMU

拡散希望!選挙管理委員会へ電話してみた【沖縄
http://www.youtube.com/watch?v=UjQmbNIhvH8&list=PLGlgk2NtymEeB76bBxkOUR-fkkt8d2hX5&index=32
2014/06/01(日) 21:13:10 |
Posted by 辺野古区民 at 2014年06月01日 21:26
辺野古区民さん、沖繩の辺野古の状況の分かる情報をありがとうございます。「辺野古テントに抗議」の動画は、戦後レジームをあらわしている典型的なものと思われます。

自衛隊反対とか米軍基地反対という名目ならば、国民だけでなく、一時滞在の外国人による公有地占拠すら許容されている異常さです。行政や地方警察が強制執行しない異常さです。本来ならば、すみやかに強制執行をして、このような公有地占拠は一件も許すべきではないのです。

日本の国民と国土(主権)を守るという事柄の優先順位を意図的に下げようとする活動に、外国人と共に従事する国民は一緒に逮捕拘束してもらいたいものです。彼らは、一般労働に従事して納税者になるよう更正してもらいたい。
Posted by 円猿 at 2014年06月03日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック