2014年07月18日

論点の先取りというもの

日本の国防に関して、議論がすすまない原因が少し分かってきました。どうやら、議論のやり方そのものに一部の原因があるということが 分かってきましたので、それについて語ります。その誤りとは、論点の先取 です。何だそれは...  と思われる方もいるでしょう。少しずつ説明します。

論点先取とは、議論を経たうえで認めるべき内容、認めるかどうかを議論の結果として判断すべきものを、気づかずに前提として立ててしまう誤りです。気づかず に前提として立てる場合が多いようです。中には、自分で気づいて論点先取をやって、他人を平気で騙す人もいるでしょうが、そういう意識的にやる論点先取は バレやすいし、分かりやすいのが通例です。問題は、気づかずになされ、しかも、社会的に共有されてしまうタイプの論点先取なのです。

ま ず、「日本は敗戦した」ということと、「戦前の日本政府は、国土も国民もしっかり守ることができなかった」という論点があったとします。これだけならば、 戦争の反省として議論の対象になるでしょう。日本が敗戦したのはなぜか? ということは議論できます。原因を追求することもできるでしょう。なぜ、大日本 帝国時代の日本政府は、大東亜戦争を戦うことによって、インドや東南アジアの多くの国民の独立のきっかけをつくった一方で、日本国民に大きな犠牲を強いる 結果になってしまったのか? アメリカ軍の空襲や原子爆弾によって、多くの国民の犠牲を出し、国土を焦土と化す結果になってしまったのか? これは重大な 議論のテーマであり、戦後70年近く経過して、なお議論すべきテーマと言えるでしょう。ここで、「日本は敗戦した」「国民と国土を守れなかった」 この二 つがキーになります。

次の段階に、論点先取が関係してきます。例えば、
「日本が敗戦した」⇒「国民と国土を守れなかった」⇒「国民と国土を守れるはずがない」 となると、ここに論理の飛躍があります。
日 本は敗戦したし、昭和20年の時点で国民と国土を守れなかったという結果があったかもしれませんが、その後、日本国民と国土を守れないと決まったわけでは ありません。実際に、サンフランシスコ講和条約で主権を回復していますし、日本の国民と国土を守るために運用可能な自衛隊が存在します。昭和30年代以降は、日本政府が国民と国土を守る機能を実装可能だったでしょうし、それが法的にも実践的にも実現されたならば、北朝鮮による日本人拉致という、典型的な「国民を守れない」事象は起きなかったのではないでしょうか。

では、具体的な議論を想定してみましょう。


パターン1です。日本の国防を少し考えてみたいAさん、それをやらせないBさんとしましょう。

A:尖閣諸島の領海に中国の船が入っているのは、いけないことでしょう。竹島を韓国が軍事占領しているのも、いけないことでしょう。日本は自衛隊によって国防を強化して、離島を国土として保守する必要があるのではないでしょうか。
B:日本が平和を誓うことで、周辺国とも仲良くやっていけるのです。自衛隊で国防を強化すると、それができなくなります。

A:でも、日本が国防を増強しないからこそ、周辺国は、国防と称して軍事行動を活発化させているのではないですか。「平和」など単なる自己満足だけで、戦後、周辺国の軍事活動を活発化させてきただけなのではないでしょうか。北朝鮮のミサイル開発を見ても、そうとしか思えません。
B:一部の動きにすぎません。日本は自衛隊によって国防を強化するべきではありません。

A:なぜですか。
B:日本は戦争に負けて、今があるからです。軍隊とは書いていませんが、陸海空の戦力は保持しないと憲法にも書いてありますよ。


パターン2です。日本に軍隊を通じて国防を必要とみなす人をAさん、何がなんでも国防をしないことが平和だと主張する人をBさんとしましょう。

A:自衛隊は憲法違反ではない。日本は主権国家なのだから、国民と国土を守れる国になる必要がある。それについて話しましょう。
B:自衛隊は軍隊ではありませんよ。日本には軍隊は存在しません。日本は国民と国土を守ることに失敗した。だから、軍隊を放棄したのです。

A:軍隊でなければ、海外での平和維持活動もできないですよ。自衛隊が「日本の軍隊です」と公式に表明して、軍隊の徽章をつけて活動しなければ、現地ではテロリストとみなされて、虐殺されても何も文句は言えないのですよ。
B:自衛隊は、海外での平和維持活動に参加するときに、日本の外に出た場合に限って、軍隊なのです。

A:なぜ、日本で日本の国民と国土を守る活動に従事する自衛隊は、軍隊ではないのですか。
B:日本に軍隊があると、他国を侵略することになるから、置いてはいけないのです。

A:国民と国土を守る軍隊と、他国を侵略する軍隊は、常に同じなのですか、日本において。
B:戦前にそうなってしまったから、現代の日本にもそうなると想定しなければなりません。

A:おかしいでしょう。あなたは日本国民として現に守られているし、守られた国土で生活しているのに。
B:わたしが日本国民として守られ、国土が守られているのは、アメリカの軍事基地があるからです。自衛隊があるからではありません。

A:あなたは、日本が主権国家ではないと認めるのですか。
B:そうです。日本のような過去の侵略国民は、自前の軍隊を持たないことによって国民と国土を守ってもらうべきなのです。

A:冷戦まっただなかに自分がいるかのような主張ですが、それをおかしいと思いませんか。
B:おかしいと思いません。事実、日本には米軍基地があり、それによって平和なのです。

A:日本国民を代表する政府が、今後も、自衛隊によって日本国民と国土を守れないのでしょうか。
B:日本は国民と国土を守れなかったのです。だから敗戦したのです。日本が独力で国民と国土を守れるはずがありません。

戦後の日本において、「日本の国民と国土を守り、保守する」 という主張を社会的に議論しながら作り上げ共有する仕組みが機能していない理由が理解できると思います。パターン1という簡単な会話でも全然発展的な話になる見込みはありませんが、お互いに一定の知識を持ったパターン2のケースでも、入り口のところで、議論が封じられています。

「日本の国民と国土を守り、保守する」という現代の日本の主権の最も重要なテーマに真剣に関わろうとする人に対して、パターン2のBさんのように、以下のように論駁しようとする人々が必ずいます。


 (ア)  「国民を守り、国土を保守できなかったから戦争に負けたんだろう?」
 (イ)  「多くの国民が戦火の犠牲となり、空襲や原爆で多くの罪の無い国民が犠牲になり、国民も国土も守れないと証明されたんだろう?」


これらは、2つとも論点先取の典型の議論です。戦争の結果論をつきつけているだけのように見えますが、実際はそれよりもはるかに有害な議論の妨害をしていると言えます。なぜでしょうか。

日本が敗戦した⇒戦前の日本政府は国民と国土を守れなかった⇒現代の日本政府が国民と国土を守れるはずがない

下 線を引いたところが、論点先取です。国防の議論になると、必ず、(ア)(イ)あるいは他のバリエーションの反論が出されてきますが、共通するのは、「現代の日本 政府にしたって、国民と国土を守れるはずがない。なぜなら、戦争で日本は負けて、国民と国土が守れないと証明されたからだ。」という論理です。典型的な循 環論法ですね。 「国民と国土が守れないのが日本なのだから、国民と国土は守れないのだ」  と主張しているに等しいのです。 この循環論法は実際は、無意識下でかなり手の込んだものになっており、日本の国防の問題だけに見せないように、「日本はアメリカの言いなりだ」とか、「外国へ多大な被害を与えただろう」といった論をくっつけてくる場合が少なくありません。しかし、「現代の日本の国民と国土を守る」という国防の議論に集中することは不可能ではないはずです。技術論としても可能な議論でなければならないでしょう。外国との関係は後から取り扱う論として外に出して、国防の議論を深めることがで きるはずです。過去に日本の国防を議論すべき場で、もういやというほど繰り返し繰り返し、このような論点先取と循環論法が用いられてきたでしょう。

本来、国民と国土を守るという主権にかかわる重要な議論に、一般国民がもっともっと参加する傾向があっていいはずだし、それに適した言論の場が設けられるこ とが必要なはずです。一人一人の国民にとって自分の問題ですし、自分の住む国のことですから。しかし、一般の多くのマスコミは、国防の議論をさせないよう に、最初に「戦争に負けた」=「保守できなかった」=「保守できない」という論点先取を置いてしまうのです。そうすると、どうでしょうか。「国民と国土を 守る」というのは、21世紀の日本の現実の重要課題であるにもかかわらず、「日本は、国民と国土が守れない国だと敗戦で証明されたのだから、国民と国土は守れないのだ」という論点が置かれるだけで終わってしまうのです。論点先取により、生産的な議論を作り上げる道が最初から絶たれている。保守の基本的な思想が出され議論するというコンテクストを社会的に封じていることがいかに大きな問題かが分かるでしょう。

戦 後の日本では、「日本の国民と国土を守り、保守する」ことを中心に据えた議論を組み立て共有するプロセスを放棄させる仕組みが、日本の中で強くはたらい てきた現実があったことの一部をご理解いただけたと思います。21世紀の今の日本の国防の問題を論じるためには、以上に述べたような論点先取を取り払っ て、国民の間で議論を深め、議論を有意義なものにする必要があるはずです。過去の戦争に対する反省は、重要な事柄ですが、論点先取とともに国防の議論に紛れ込ませてはいけないでしょう。国防の議論をすることは、何も日本人だけの利己主義の世界をつくるために議論するのではないのです。主権国家として自分の国の国民と国土を守る一つ一つの国が存在し、その集合体が国際社会であるというのは、まぎれもない事実です。国防は、国連憲章51条で保障された権利でもあります。とにかく、一人一人の日本 国民の命に関わり、実際に国民が生きている大切な国土の保守に関わる議論なのに、「国民と国土が守れないのが日本なのだから、国民と国土は守れないのだ」 などという乱暴な論点先取をさせてはいけないでしょう。

問題は、主権に基づいた国民と国土を守るという保守の議論が、いわば、日本の戦後社会全体の「論点先取」によって、封じられていることなのです。論点先取を見つけたら、それを指摘して、やめさせるところからはじめましょう。戦争に負けたことも事実ですし、日本が国民と国土を守りきれなかったことも事実ですが、それらの事実は、現代の日本国民と国土を守る国防の議論においては、起点にも結論にも置く必要はありません。起点にも置く必要はないのです。これがポイントです。なぜなら、それが、あらゆる「論点先取」のもとになって、議論を封じるからです。

議論の方法上の誤謬と、それに基づいた国民の議論を封じる強い傾向によって、北朝鮮による日本人拉致のような事象が長年放置されてきたのです。この拉致事件は、日本の戦後において、主権者である国民を守るという基本機能を日本政府が果たさなかった重大な事件ですが、なぜか、NHKや朝日新聞をはじめとする偏向メディアによって、その重大さに応じた取り扱いがなされていません。過去の日本政府を一方的に責めるだけではなく、メディア側が、同胞国民と国土を守るという議論を論点先取により封じてきたことの反省は一度もなされていません。日本国民の北朝鮮による拉致を、日本国民の最大の関心事として取り扱うことができないなら、日本の偏向したメディが、国防のみならず、国民の保護という点でも、「戦争に負けた」=「守れなかった」=「守れなくて当然だ」という論点先取を全社的に続けているということになるでしょう。




posted by 警鐘凡打 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | かたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする